借金が返せず自己破産

借金が返せなくなった場合、自己破産をして借金問題を解決するという道があります。
自己破産は、裁判所ですべての債務を免除してもらうという手続きになります。
裁判所で、これ以上返済が不可能であると認められて、免責が許可された場合、税金などを除くすべての借金の支払い義務がなくなります。
ただし、破産すると一定以上の価値のある財産を手放すことになります。
その財産は、お金に換えて債権者に配当されることになります。
一定以上の価値とは、20万円以上の財産のことです。
貯金や不動産など、20万円以上の価値のあるものは手元に残せません。
また、家族にも内緒で自己破産をしたいという人がいますが、これは可能ですし、自己破産しても家族に影響はありません。
家族が保証人になっていない限り、家族がローンを組む時などに悪影響が及ぶこともないでしょう。
裁判所に破産申立書を提出して、免責許可をもらうことですべての借金をゼロにするのが自己破産ですが、破産できるのは支払い不能になった場合だけです。
借金の額と収入、資産状況から総合的に判断されます。
返済が遅れて督促に苦しんでいる場合、弁護士に自己破産の申し込みをした時点でもう支払う義務はなくなるので、精神的にも生活もとてもラクになります。

Just another WordPress site